adf24cdc60e7396a4fe2af625b86e73a_s

 

飲食業・食品加工/調理・20代中盤・女性・ベトナム国籍

私は二年前にベトナムから日本に働きに来た23歳の女で、日本での就労先は、食品加工/調理会社でした。

これは手前をそですが、日本に来るということは、学業や生活全般が、良くなければならないので、国でも有数の大学を卒業しています。

本当のところ、住んでいる国を離れてまで、日本に来たくはありませんでしたが、日本とベトナムでは、物価が10倍ほど違いますので、日本で稼いだお金を国に送れば、家族が助かりますし、何年も遊んで暮らせるのです。
勿論、日本との橋渡しは、協会を通してのものでした。

 

 

しかし、来てすぐに思い知ったことは、少しの日本語を勉強しただけでは、話している内容も、仕事の指示も分からないのす。

同じ国から来た同性がもうひとりおり、会社の寮に一緒に住んでいましたが、友達ではありませんので、寂しさは紛れません。

仕事となると、事務をしていた日本人女性のかたに、その同僚が小突かれる毎日で、その子は泣いている毎日でしたが、協会にもお金を借りているため、国に帰るに帰れず、それを観ていた私は、それだけではありませんが、身体の調子を悪くしました。
ですので、病院に行くと、入院をしなければならないかもしれず、殴られていた同僚を観ていたことからの、ストレスや、仕事で使い回されていたことによる、慢性的な疲れとの診断が出ました。

 

 

ことはそれだけに留まらず、その事務のかたには、毎日のカラ残業を命じられました。
タイムカードを打つことを許されず、残業の証拠となる書類も残したり、これらのコピーを取ることは、禁止されていました。
おかしいと思って会社のかたに問うと、
『次の月にまわすから』
などとされましたが、何ヶ月と経っても、それは給料に反映されず、その後で言われたことは、証拠がないからダメとのことです。

 

 
その後、マネジメントの役職に着かれている男性に、私のことを、フィリピンから来た人で、男のかたを誘っているとされました。

その噂が経つと、お客様も、私の連絡先を聞いてきたり、付き合いのあった日本人のかたがいない日を見計らい、何処かに誘うようになりました。

マネジメントをされておられるかたには、別会社のかたを、私が勤める会社が出しているお弁当の配送に使おうとしており、私を連れ立たせると、うちうちに、言っていたそうです。

別会社のかたは、仕事中にもかかわらず、1時間のうちに何度も、いつも私の職場に来て、私を連れ出そうとします。

それだけではなく、私に日本語を教える為に、そのかたの知り合いに、個室を貸し切らせて、二人きりにさせるとか、寮にまで行かせるとし始めました。

そして、実際に個室を貸し切られましたが、当時、会社には内緒で付き合いがあった日本人のかたが止めてくれなければ、そのままだったと思います。

その日本人のかたとは、少しの間ですが、一緒に働き、小説家さんとのことで、日本語も教えて頂いていました。

こういったこともあり、付き合いのあった日本人のかたは、会社をクビになりました。

 

 

離れ離れになっても、しばらくはLINEなどでトークをしていましたが、会社の対面から、他の男のかたと付き合わなければならない私に、やきもきしていたようです。

外国人の就労法には、日本人と所帯を持ったり、定住していなければ、水商売は禁止とあります。
それだけではなく、私が勤めていた会社は、食中毒などで、二度、査察に入られており、本来であれば、営業停止なのですが、何故か、未だに営業中です。

その後、お客様が脳梗塞をしても、食あたりを起こしても、営業中です。
こういったことは、全て私がやったこととされていました。

 

 

日本人のかたが全て調べていたそうで、後で聞くと、会社は、問題を起こした張本人を、しばらく別部署に移動させ、その後釜に、私を入れ込んでいたとのことです。

私は、脳梗塞の件も、他も、何も聞かされていませんでした。

別の日本人のかたに聞くと、私たちが国に帰った後で、それらの弁済を、親に宛てる算段であったそうです。

 

 
日本とベトナムでは、物価が10倍ほと違いますので、日本の代金で支払えと言われても、支払えません。

だから、何も言えない私に、お客様の相手をさせようとしていたそうです。

私は、そういったことは、したくありませんし、そのかたとしかしないとは、はっきりと言いましたが、それだけではなく、会社の備品を壊していたり、近くにある別会社の、男性用独身寮に、私が忍び込んでいたりしているとされました。

付き合いのあった日本人のかたが、大使館や、日本の大臣官房というかたに、事の次第を伝えてくれなければ、私は何も知らずに、お客様がこうなっているのだから、とか、会社の備品を壊しまくっているから、などとされたと思います。

それだけではなく、その日本人のかたは、ベトナムでは知らない人がいないほど有名な歌手さん(の芸能事務所)にも、連絡をとってくれており、歌手さんだけではなく、公式ニュースサイトさんや、中国のハリウッドスターにまで連絡を取って、そのかたも、事の次第を知ることとなりました。

 

 

そのかたが言うに、
『警察ではなくて、有名なかたに、日本のおかしさと、ベトナム人が頑張っていることを伝えて、その結果、会社がどうするか…ふたり(のベトナム人)を応援している人は、何百万人もいる』
だそうで、実際に、お客様の中で、そのことを知っているかたもおられます。
しかし、それでも、おかしなことをしていたかたは、まだ会社におり、たまに、職場にもやって来ます。

私は、日本が恐ろしいです。

どうか私を助けて下さい。