0c71a3d383cc9e0267bd3dfd58324103_s

ブロードバンド契約拡張、携帯電話販売、OA機器販売、広告代理店営業の多角経営企業の営業、20代半ば・男性

すでに退社した企業ですが超がつくほどの有名なブラック企業で、しかしながら金だけはあるのでいまだに存続しており、忸怩たる思いでたまに通りがかる電車の車窓から覗ける社屋を見かけるたびに、心のそこから憎しみをこめて「潰れろ」「しかし決して死ぬことは許さない」「寿命が尽きるまで苦しんで苦しんで苦しみ続けいっそ殺してくれと嘆願されても絶対に殺さず、苦痛の中で永劫に悶え苦しめ」と呪いの念を発するほどに怒り憎しみを抱いています。

 
退職後とうに10年は経っているのですが、当時の状況はPTSDとなっており鬱病と判断され、全身に126を超える開放切創痕とともに自傷習慣と、不眠、パニック障害をかかえ、社会とそれを構成する人間に対する憎しみは消えておらず、抗鬱剤を飲みながらも総合格闘技を習い、筋トレを行い、プロテインを飲んで筋力量と体重増加をつづけながら、開放すべきやり場の無い怒りを爆発させる機会が訪れる時代が訪れることを願いつつ、鬱々と日々を過ごしています。

 
総論という名目の愚痴はここまでとし、具体的な事例を交えながらブラック企業の実態を語らせていただきますと、きっかけは応募いただいた企業では定員を迎えましたが、是非グループ企業を紹介させていただきたくといった具合で、募集した企業とは全く心当たりの無い企業から連絡が来ます。

 

 

まともな判断力を持っていれば、そんな怪しい勧誘は普通は断るとお思いでしょうが、実の親から毎日決まった時間に就職先は決まったのか、お前が就職できないのはくだらない本を読んだり、くだらない音楽で遊んだりしているばかりの所為だ、おまえの本や大事にしている楽器なんて全部捨ててやると脅され、受話しないままでいると留守電の録音が限界にになるまで伝言を吹き込んだ挙句それでも電話を繰り返すといった状態が半年以上続くと、精神的におかしくなってしまいブラック企業とわかっていても目の前の苦痛から逃れるために食いついてしまいます。普通に就職できる方には分からないと思いますが、切羽詰っている人間には余裕はないのです。

 
それでもブラック企業に就職してしまったら最悪です。いっそ首を吊ってしまった方が遥かに楽です。ブラック企業に就職する場合には、戸籍謄本から住民票から、定年退職者や禁治産者を除く親族の身元保証人書類という名の個人情報を吸い上げられ、退職すらまともにできないような状態に追い込まれます。

また退職後も関連会社からのセールス電話がひっきりなしに鳴り続け、情報収集をされた親族一同含めて電話自体を解約することになります。それでも持ち株会社として新会社を設立してはトラッキングを続け、まるで別会社名のようにして携帯やひかり回線のセールスを続けているあたり、個人情報保護法もコンプライアンスもなにもないなというところが流石はブラック企業様様ですねと恐怖と呆れを覚えます。

 
率直に言えば入社してしまったらもう人生の終わりです。人間性というものを徹底的に破壊され、二度と元の人格や精神状態にもどれることはありません。
まず、入社後にオリエンテーリングという名の合宿で携帯電話もつながらない山岳地に連行されます。それ以前に業務委託を受けているキャリア以外の携帯を使用していると、提出を求められ目の前でへし折られ破壊されます。そして業務委託を受けているキャリアに無理やり署名捺印をさせられ加入させられます。さらに移動時間や待ち時間は宗教団体かというほどにPVを見せられ休んだり考えたりする暇を与えられません。

 

3泊4日のオリエンテーリングでは1日あたり40キロほど歩かされ体力を奪われた心神喪失の状態で、社訓を大声で読み上げさせられます。声が小さかったり、噛んだりすると壁や床を竹刀で打ちつけ怒鳴り散らされ脅されながら腕立てやスクワットをさせられ、まるで映画フルメタルジャケットのハートマン軍曹のようです。

部下ではなく家畜を扱うような状態なので実際はもっと最悪です。とにかく肉体と精神を疲弊させ思考力を低下させた状態で、努力した分だけ出世できるといった自分たちに都合のいい情報(PV)を流してナチスの如き思想の刷り込みや思考のコントロールをします。

 

 

しかも性質が悪いのが、合宿早々ないし段階が進むと、ストックホルム症候群的に教官といっしょになって「お前やる気あるのか」「なめてんじゃねえぞ」と同僚を叱咤する側にまわる同僚が現われ、正直なところ赤軍派もかくやというぐらいの内ゲバルトが発生します。

同じ社員でも虐げる側と、虐げられる側では前者の方がはるかに楽なので大体がそっちっに回ります。これはおかしいと、正論を述べる人は熱中症で錯乱したなどの理由で隔離された挙句、先行して下山させられます。また、研修には空気清浄機・浄水器・羽根布団・太陽光パネルの押し売りといったの実践もさせられます。

 
研修が終了した後は本格的な地獄です。また部署に毎朝社訓を大声で読み上げさせられ、どれだけ声を大きくしても噛まなくとも、難癖をつけられ法律に触れない程度の非常なグレーゾーンでの業務が実施されます。

「殺す」「死ね」といった法令に引っかかる文言での発言は張り紙で禁止されているので、ほぼ発せられることはありませんが顔を真っ赤にして通話相手を罵倒しながらビジネスフォンが壊れるほどに叩き付ける、直接身体に対しての暴力は振るわれないものの椅子や机を蹴る殴るなどして威喝し、かつ自分で破壊した椅子や什器類を「お前の所為だ」「直しておけ」と理不尽な要求をされた挙句、後日「なんでこの椅子が壊れてるんだよ」と自分で壊した設備の修理責任を部下に押し付けるというような嫌がらせは日常茶飯事です。またドリンクやタバコの購入のパシリを冴えられた際の、購入金額の踏み倒しも当たり前です。

 
なんとか退職することができても、取り返しのつかないほど人間性は破壊され、まともな一般企業の就労状況についていくには、精神科の通院と薬物投与、そして2~3年程度のまともな企業でのリハビリとしての就労期間を要します。
それでもブラック企業就労時代のPTSDは一生涯完治することはないので、若いうちの苦労は買ってでもしろというのは、家畜人間として扱われたことの無い方の詭弁でしかないと思います。