e9ccd79fadb3d05fe39b080226f226d7_s

小売業、営業事務、20代前半、女性

私は高校を卒業してすぐ就職しました。
進学は多額なお金がかかるし、特にやりたいこともなかったので就職することにしました。
進学した兄からは猛反対されましたが、進学は就職してお金をためてからでも遅くないと考えていたので私は反対を押し切り就職しました。
高校生の私にはブラック企業とゆうワードすらよく分かっていませんでした。
希望通りのデスクワークで日、祝休み、土曜隔週だったのでまぁいいかと思ってしまいました。土曜日に隔週に関しては出勤した分は平日に代休がもらえるとおもってました。
就業規則は8時~17時半
お昼休憩60分、午前、午後各15分休憩ということになってるみたいです。お昼休憩はありますが15分の休憩なんて1度も取ったことないです。
朝も8時~なのに朝礼が7時半~あるので実質1時間前くらいには出社しなきゃいけませんでした。
もちろん固定残業のためいくら残業しても、追加で残業代は支給されません。一生懸命やればやるほど馬鹿をみる悲しい会社でした。定時になんて終わるわけがありません。

 

お店が19時くらいまで開いてるので物理的に不可能です。
お店が閉店してから事務処理や翌日の出荷準備もあります。
求人もハローワークに常に出ています。1ヶ月に1人のペースて離職していきます。やめたくてもやめさせてくれません。順番待ちの状態です。
社長が研修大好きなので3日間で10万くらいする研修に2回いきました。研修に莫大な金額を投資しているのでボーナスはスズメの涙ほどです。売り上げに応じて支給など大嘘です。
昨年度よりも倍以上売り上げて会社に貢献しても社長が研修にお金を使ってしまって、ボーナス予算はどんどん減ってしまってるため削減されます。研修も宗教みたいな研修でした。みんな洗脳されて社内に大きな溝が出来てしまいました。

 

夢を無理やり持たされます。プライベートの目標や夢はたくさんあるけど、会社に夢なんてありません。一生懸命やればやるほど悲しくなる毎日でした。
やめたいと相談してくる後輩に対して、引き止める理由がひとつも見つからなく辛かったです。
どんなにひどい会社でもせめて働いた分の対価をお金できちんと返してくれないと頑張れません。みんなそれぞれ生活があります。社長は頻繁に車を変えて、バイクをかえてギラギラの時計をつけて。平気で自慢してきます。贅沢な生活感の溢れた幸せいっぱいのフェイスブックを投稿します。

 

完全に働いてるスタッフをなめています。なのに私たちをファミリーといいます。矛盾だらけでした。
高卒の低学歴な私は、このようなブラック企業にしか務めることができないのでしょうか。
地元では有名なブラック企業です。法律にふれないギリギリなラインでせこいことをたくさんしていて腹が立ちます。
タイムカードも18時までに全員分一斉にきります。

 

まったく納得がいきません。どうせ固定残業なのだからタイムカードなんて関係ないと思うのですが、やはり労働基準に引っかかるんでしょうか?忙しい時は毎日22時くらいまで働きます。
会社の評判も良くないので、暇な時もありました。
暇なので定時に帰ると怒られます。後輩をおいてかえると怒られます。手伝うことはないかと声をかけて帰ってるのに怒られます。
お疲れさまですと廊下ですれ違うたびに言わないと怒られます。そのくせにこちらから挨拶すると上司は返してくれないことが多々あります。
仕事以外の注文がとっても多かったです。
普通に仕事がしたかったです。
時給に換算すると恐ろしいことになります。

 

もうブラック企業では働きたくないです。時給がいくら低くても構いません。働いた分の対価をきちんと頂きたいです。
なのでわたしは今、派遣社員として時給制度で働いています。わたしにはコッチの方があっているようです。
世の中ブラック企業だらけです。どうにかならないものなんでしょうか?
まずは求人内容と違うのはずるいです。
入社してサインするときにサインして社畜になるか、社畜になりたくないので今日をもってやめますの2択とゆうことですもんね。
サインをしてしまった自分が悪いです。

 

自分はやめてしまいましたが、たいせつな後輩がまだたくさん働いてます。やめる前に自分にできることはないかと考えましたが、ひとりの力じゃどうにもなりませんでした。
社長と本音ではなしても、あまり変なことをゆうこ今度は退職金に影響しちゃうのでなにも言えませんでした。
こんなにブラックなことをしていて経営者は胸がいたくないのか同じ人間として不思議でなりません。
社員のみんなは大好きでした。やめたくなかったです。
本当の気持ちを伝えたかったです。でもきっとあの会社は変わりません。それがわかったから退職の道を選びました。
6年間我慢した自分を褒めてあげたいです。
ひとつ言えるのはおかげさまで強くなりました。
どの会社に行っても通用する自信があります。
ブラック企業撲滅を心から願っています。