3dbb99b08e1f82647fd905029c7f551f_s

工作機械専門商社 営業アシスタント 30代前半 女性

私は20代後半から30代前半にかけて工作機械専門商社の営業アシスタントとしてご仕事をさせて頂きました。

「ブラック企業」とはこういう会社をいうのだと初めて実感し自分がどんどんダメになっていくさまを感じました。入社してビックリしたことは自分の机にパソコンがないことでした。

まさに昭和から平成にかけている時代を見ているかのようなタイムスリップにでも陥ったような感覚でした。PCも事務職員には一人一台与えてもらえず、また、経理の方はPCと紙で手書きの両方やっていたりとPC操作より紙ベースでのお仕事の多さにビックリしました。

「今時、紙かよ!」と誰もが感じるほどです。それの何処がブラック企業なのか?と思う方がいるかと思いますが、これがブラックだとは思いません。

 

ただ私が入社して1年も経たないうちです。ある営業マンが退職しまして(勤続年数:2年もいなかったと思います)その退職者から弁護士を通じて訴えられました。

そこで私は初めて営業さんがここまで仕事をしているのかという実態を目の当たりにしたのです。

当時はタイムカードというものが営業さんはなかったのです。つまり営業手当を付けているがために勤務時間の把握をしていなかったということです。事務方も同様にタイムカードというものはありませんでしたが残業した時間を記載するものはありましたが、それも自分で申告するタイプのもの。

 

正直、申告制なので嘘を言うことも可能だし申告忘れも見逃されてしまうという環境下にありました。

訴状が届いたからには会社側としても戦う移行を示し弁護士を雇い資料作成を私が上司に言われ作成しておりました。(紙ベースなので重役たちはパソコンのスキルすらないため)相手方の主張は残業の件でした。

相手方はきちんと出退勤の時間をメモにとっていたのです。その時刻を見ると、朝は早いときで7:15~遅くても7:30には出社をしています。

 

帰りの時間は22:00は当たり前の世界でした。遅いときは24:00を回っていることもありました。その時は嘘でしょ!と思いました。嘘の主張をしているのではないのかとも感じましたが、私が別件で夜の21時過ぎまで仕事をしていた時があり周りの環境としては、重役たちの方が社員たちより早く帰っていたり、「早く帰れよ」との一言すらもない。また女性がここまで遅くお仕事をしていても何も気にしない環境でした。

なので退職をされた営業さんの主張は大方間違っていないのかもしれないと感じました。

また、裁判所へ提出する資料を作成の依頼を頼まれる時も言い訳がましく24時を超えた時間に指をさし「ここまで仕事させてないのにさ」と取締役が言っていましたが結局、社員たちより先に帰るんだから実際、何時まで仕事しているのかも分からないのに何を言っているのかとも思いました。

 

その後、裁判が続き結局和解して終了したそうです。また会社としての在り方を変える為、社内規則の見直しから何から変えていきましたが実際に変更になったのは6か月以上も経ってからでした。

 

また変更したのは構わないが事務方には一切の説明を受ける事なく営業のみへ説明義務を果たしておりました。が、以前給料明細と一緒にメモが添付されており給料体系等変更になります。決まりましたらお伝えします。的な文言があったにも関わらずそれからと言うものの何の音沙汰もなし。

そのため、こちらから説明してほしい旨を伝え説明を果たして頂きましたが詳しい説明もなし。「社内規則があるからいつでも読んでね」ぐらいにしか言われませんでした。説明義務も果たそうとしない。

ましてや訴訟されたのは営業の残業の件だけ。という頭があるからなのか事務方は放置され続けました会社としての在り方が変わるのに従業員全員に説明がないのか明らかにおかしいと思いませんか。私はこの会社に入社して後悔をしております。「ブラック企業」の定義とは何なのか。自分なりに考えてみました。

 
1.残業代(手当で賄っているところ)

2.取締役全員が自分を良く見せている=都合の悪い事は他人に押し付けている

3.取締役の意思に一貫性がない。

 

等、上司として社員教育を自分たちの都合の良いように解釈しているところはダメ。きちんと下の意見を聞いてあげれる会社でないと次の時代へとつなげていけなし会社としの存続もなくなってしまう。

それを権力(パワーハラスメント)で行使するような会社に未来はないし人も育てられない上に人の入れ替えが激しくなるだけだと私は思う。

経営者は自分の会社しか見えていないかもしれないが中途から入ってくる社員はほかの会社を見てきている。そういった方の意見も聞き会社を良い方向へと向かわせていく事が大切だと思う。が最近の経営陣は自分の利益の事しか考えていない。そんな経営陣の下で働く社員はすごく可哀そうでしかない。

ある程度の年齢での転職でブラックに入社したならば、本当に耐え忍ぶしかないから会社として高齢会社として生き延びまた次世代での会社を作り上げれない。