df3c25a07342962b6cf93893555f321f_s

 

介護業界 介護職員 30代前半 男性

自分が以前の仕事でブラック企業だと思うことを書いてみます。それは介護の世界がブラックだということでした。

介護の仕事というと大変だけど、人材は患者様のために頑張って仕事しているイメージがあると思っていました。でも実際に働いてみて、まずはそこの会社では独裁的介護リーダーがいてしまい、悪いふうに現場が活動をしてしまうということです。

 

具体的に説明しますと、独裁的リーダーがやったことは患者様の人権やニーズを無視してしまうことです。もっと具体的に説明しますと、まずは寝たきりの患者様が起きたいと願望があったとしても、ベットから車イスなどに起こさずにベットで一日をすごさせてしまうということです。

医療サイドから起きても大丈夫となったとしても、大変だから起こさないということをしていました。

これをやってしまうと、患者様が起きたいという意欲がなくなってしまいベット上で過ごすということになり職員の都合上だけになってしまいます。

 

負の連鎖は続いて、起きたいという願望をてベット上だけで過ごすと廃よう症候群といって身体がだんだんとかたまってしまうことになっていきます。そうすると身体がかたまってしまうと自分では身体を動かすことができなくなり、床ずれといって身体が圧迫してしまい、皮膚がだんだんと悪化してしまい、床ずれになりそこからばい菌が入り感染症になってしまいます。

それによって患者様が高熱が出たり、意識を失ってしまい最悪には亡くなってしまうことに繋がります。また意欲をなくしていくと認知症になってしまいます。そうすると今までは常識的な判断ができていなかったのが判断力の低下をまねいてしまいます。

 

別の独裁的介護リーダーがやったことは介護負担を減らすために、トイレがいきたくて仕方がないという患者様をオムツにしてしまうことをしました。

これによって患者様がまた寝たきりの状態になってしまいます。認知症が軽度で尿意や便意があってもトイレにはいかせないでベットでオムツ交換をするということになりまた寝たきりの患者様をつくってしまうということになってきます。

 

そしてまだまだあり、この独裁的介護リーダーの指示はナースコールが鳴っても行かなくて良いという指示を出してきます。

これにより介護職員としてまともに介護をやろうと入社した職員はどうしていいかわからない状態で仕事をしていくということになります。

またこの独裁的介護リーダーは自分が気に入った職員のいうことはきいたり恋愛として職員をみている人の意見しか聞かない状態になり、自分が生理的に嫌いな職員の意見で全うな意見をいっていたとしても聴く耳を持たないで、仕事をしていくという原理があってしまい、職員の離職や職員のやる気を失ってしまい、流されただの独裁的リーダーの指示は正しいと勘違いしてしまい、職場の倫理観がなくなってしまうことになってしまいます。

 

また独裁的介護リーダーが勤務表を作るときは明らかにかたよった勤務表をつくり自分が好きな職員と組むことに率先して勤務表をつくっていくことになります。それをやってしまうと、周りの職員は好きな職員と出来ている光景をみてしまい、やっていることのフラストレーションがたまって精神がおかしくなっている職員をみてきました。

これを注意する職員はいなくて幹部の職員はこれを放置していきました。それによって虐待的なことがだんだんと出てきてしまい、現場の倫理や秩序が崩壊してしまいます。そしてそれが当たり前だということの感覚が職員の麻痺に繋がっていき、おかしな行動をとってしまいます。

これは一番の被害者は患者様になっていきます。介護は確かに忙しいですがただの職員本位だけになってしまい、患者様の人権は無視してしまうと、確かに介護している側の人間は楽になりますが、ありえない介護方法を身に付けていったり、精神的な未熟さが出てしまい、普通に患者様が訴えがあったとしても職員のかって気ままな行動を容認して、また独裁的介護リーダーを育てる環境作りに変貌していってしまいます。

 

これを許しているといつのまにか、虐待は当たり前、軽犯罪は当たり前、隠蔽は当たり前という縮図も出来上がることになっていきます。

これにさからってきた職員をみてきましたが、普通にまともな意見や患者様のニーズを叶えようと必死になり行動をしたり考えなどをぶつけていくと、独裁的介護リーダーはその事に関して潰しにかかってしまいます。

これにより職員の方も患者様の方も潰れてしまうのは目に見えてます。自分は退職してからこの事をよく考えると自分の身内や知り合いや自分が介護受ける立場になった時はかなり恐怖を感じてしまいます。たまにそれを感じて自分もそこの職場の環境をよくすることができなかったという責任で今でも強迫観念にさいなまれてしまいます。介護でも普通にできるとこは普通にできます。ある意味この独裁的リーダーみたいな存在価値がなくなることが幸いです。