b8b797aafa0c0d350a43d14d944573d0_s

 

不動産業界・営業事務・30代前半・女性

「家を人に紹介する」という仕事に憧れ長年勤めた飲食業をやめ、不動産業界の営業事務に就職をしました。車で事故をおこした経験があり、運転なしでも採用してもらえる会社を探しましたがなかなかみつからず、6社目にしてやっと小さな不動産会社で採用をして頂きました。

 

採用条件は、週休2日・月給24万円(残業代なしだが、インセンティブあり)・9:30~20:00までで多少残業あり・交通費支給でした。研修時給はなしということで、社保系は全くなかったのですが、今まではずっとアルバイトで、自分で全部払っていたので特には気にしていなかったです。
入社して最初の2週間は19:30くらいには退社でき、周りは男性のみでしたが、みなさん優しく接してくれていました。2店舗あったのですが、どちらの店舗の方々も楽しく歓迎会も開いてくれこのままやっていけると思っていました。

 

が、時間が経つと休みは水曜日だけの週一になり、お昼は20分ほど、残業は23時になり、なれない仕事に体を壊して3日ほど休んでしまいました。ただ、これから不動産業界の繁忙期に入るため仕事を覚えたく休んだ分も取り戻そうと必死でした。
最初のお給料を頂いたのですが、17万円しか振り込まれていなく給料明細ももらっていなく休んでしまったからだと思い早く仕事を覚え、インセンティブで頑張ろうとさらに必死になりました。

 

今の時代はインターネットで手頃な物件が見れるため、来店予約をしても来ない人もたくさんいました。なので、物件がもう他の人に決まっていても「まだある」ということにしてどうにかお客さまを呼ばなければなりません。来ていただいたら他にも良い物件がたくさんあるので多々紹介できるのですが、私は嘘を着くことがとても苦手だったのです。嘘も仕事のうち」と言われました。不動産業界にいる方にとってはそれが当たり前なんでしょう。でも私にとっては苦痛で仕方がありませんでした。それでもこの業界でやっていきたいと決めたので頑張りました。
頑張ろうと、決めたんです。決めたんですよ。そう決意したところに次のお給料日がきました。

 

お給料は17万円でした。

 

今月は休んでいないのに、なんでたろうと思い「研修時給はない」と言った店長に確認しました。お給料は24万円じゃないのですかと。返事は「研修時給3ヵ月17万円だよ、聞いてないの?」でした。その時私はあー、この人に問い詰めても言ってないで終わるんだろうなと思ってしまいあきらめてしまいました。
私は以前に目の病気になり半年間目が見えなくなってしまったかとがあり、そのときの治療費や生活費は全てカードだったのでその支払いが残っていました。なので月17万円ではとてもじゃないですが、生活のできるレベルではありませんでした。

 

それでも、それでも私はこの会社で頑張ろうと必死でした。が、精神的に苦痛だったのでしょう。採用条件と合っているのは交通費支給だけでした。休みも、給料も労働時間も採用条件とは全く違いました。残業代がでていればだいぶ違ったと思います。

 

けど、車の運転もできない不動産業界で働くのが初めてだったのにも関わらず採用してくれたんだからという思いがあり、どうすることもできず、働きました。
あとから気づいたのですが、採用にあたっての契約書とかなにもなかったんですよね。私は無知でした。労働基準局に行くことも出来ず働いた結果、胃に溢れんばかりの炎症ができポリープが3つでき、ストレスで激しい頭痛と目眩と嘔吐のオンパレード。仕事にいけなくなり月の2週間ほど出勤し、辞めてしまいました。その2週間分のお給料は振り込まれていませんでした。

 

訴えようにも、優しいけど反社会的な感じの社長とその仲間たちには何を言っても無駄なんじゃないかというのと、何よりも関わりたくなかったんです。
私のいけなかったところは、採用にあたっての契約書やわ交わさなかったことと、店長にお給料の話をしたときの会話を録音してなかったこと。やはり証拠がないと言った言わないの話になってしまうので、必ずエビデンスを残しておく事ですね。というか、契約書がない時点でおかしいなと思うべきでした。

 

それと、お給料がきちんと支払われていたら辞めずに頑張れたかもしれません。人はみんないい人たちだったと思います。社長も対応はすごく丁寧でした。やはり、お給料ですね。
あとは、労働基準局に相談だけでもしてみることですね。
今でもその会社の近くは行きたくないです。

 

1ヵ月半ほど働くことができず、今まで以上に嘘がダメになり、嘘をつく人が本当にだめになりました。
あの会社はいろんなトラウマを植え付けていきました。けど、悪いことばかりではなかったんです。私の引っ越しには全面的に協力してくれましたし、社員旅行は沖縄で女子が私だけだったので、そのために他の女子を採用してました。これで旅行寂しくないでしょって社長がいってくれたのですが、その前に辞めてしまいました。
もう不動産業界では働かないと思います。