f4779733a370b3bb50ee6f1203ac5e0f_s

ブラック企業の特徴

異常に離職率が高い、上司・経営陣のパワハラが酷い、暴力が蔓延している、長時間残業をしても残業代が出ない、体調不良でも休めない、有給休暇を取得できない・・・これらは全てブラック企業の特徴です。
一つ当てはまったからといって即ブラック企業とは言えないかも知れませんが、複数個当てはまった場合はブラック企業の可能性があります。
あなたの会社はいくつ当てはまったでしょうか?
一つも当てはまらなかった場合はおそらくホワイト企業です。おめでとうございます。このページのこれ以降の内容は貴方には関係ありません。

1つ以上当てはまった場合は、もう少しこのページを読み進めてみてください。

ブラック企業に搾取された結果待つ未来・・・

このサイトで紹介しているブラック企業体験談でよく見られるのは、会社説明会や面接の場などでは「一緒に会社を大きくしよう」などと響きの良いことを言っておきながら、いざ入ってみると長時間労働の強要、場合によってはイジメやパワハラ地獄で追い込まれていくケースです。

最終的に精神を蝕み、正常な判断力を失い、場合によっては健康を害してしまって退職する、こうした体験談は本当に多いのです。

本当にこういった未来をあなたは望んでいるのでしょうか?

責任感が強い人ほど搾取される

責任感の強い方にありがちなのが、「私が抜けたらこの職場は回らなくなる」といった考えて、そのブラック企業に残ることを選択するということです。
確かに、抜けてしまうことで職場の業務が回らなくなるということは事実としてありうる現象でしょう。
しかし、一方でそういった業務を円滑に遂行する環境を整えるのは、一人一人の労働者ではなく経営者の責任であり、労働者側が気をつかう必要はありません。

とはいえ、場合によっては「上司・経営者のことは嫌いだが、一緒に働いている仲間・同僚に申し訳ない」というような気持ちも出てくるかもしれません。

心情的には理解できますが、その同僚達はあなたの人生には責任を持ってはくれません。自分の人生に責任を持つのは自分自身だけなのです。

あなたは同僚の生活を保障するか?

例えば、仲間や同僚に気をつかってその企業で働き続けた挙句に、健康を害して大病を患ったケースを想定してみましょう。その仲間・同僚はあなたに何をしてくれるでしょうか?
病院にお見舞いにくらいは来てくれるかもしれません。多少の見舞金をくれるかもしれません。でも、それだけです。それで二度と働けなくなったり、定期的な通院が必要になるような病気にかかったとしても、その分の損失は誰も補償してくれないのです。

逆のケースとして、あなたの仲間・同僚が度重なる激務の末に大病を患ったとして、あなたはその人に対して永続的に金銭援助や生活の保障を提供するでしょうか?
相当お金に余裕がある方なら検討するのかもしれませんが、そもそもそんな人はブラック企業で働いていないでしょうから、まずそのようなことをする人はいないでしょう。
残念ですが、これが現実であり現代社会なのです。

そう考えると、仲間・同僚という存在に気兼ねして転職せずブラック企業で働き続けることが、いかに無意味かが理解できるのではないでしょうか。

今後の人生で今が一番若い

ブラック企業に現在勤めている方に申し上げたいのは、あなたは自分自身の健康・若さを犠牲にしてその企業からすずめの涙程度の賃金を得ているということです。

このサイトで紹介しているブラック企業体験談でも、最終的に様々な疾患を抱えてしまったケースが多く見られています。

 

若さは資源です。20代・30代の方はもちろん、今50代の方であれ、今後の人生において今現在が一番若い状態なのです。

ブラック企業に今後の人生を預けてしまって大丈夫でしょうか?
もし答えがNOであるなら、今すぐ転職活動を開始しましょう。繰り返します。時間は有限です。一刻も早くブラック企業を脱出しましょう!!